生え際を改善できる方法とは?

チャップアップローション

育毛や薄毛対策といっても各部位によって難易度も変わってくると感じる人は多いようです。

中でも生え際・前髪の部分は一度後退すると改めて前進させるのは不可能だとも言われてきました。

しかし、近年は毛髪医療の進歩がめざましく、少なくとも生え際の後退をストップさせて前髪を前進させられる方法まで誕生しています。

それでTOPページでは実用的な生え際後退対策についてまとめておきますので、どうぞご活用ください。

生え際を治せる治療法とは?

現在、生え際に著しい効果がもたらす手段と言えるものは、

  • ミノキシジルやプロペシアなどの内服薬
  • 自毛を使った植毛

などがあります。

これらは取り組んだ人のほぼ全員が目に見えた改善を実感できる方法です。

詳しく見ていきましょう。

内服薬

内服薬とは、要するに飲むお薬のことですが、薄毛になる原因を抑制することで髪の毛を生やすようにできます。

日本で初めて認可された髪の毛専用の薬剤はプロペシアと言います。

プロペシア

このプロペシアは別名5a還元酵素阻害薬と言われるもので、この錠剤を1日1錠飲むだけで生え際の後退をストップできるのです。

なぜそんなことが可能になるんでしょうか?

実はプロペシアにはフィナステリドという有効成分が配合されていて、これには前述した5a還元酵素を阻害する作用があります。

前髪が後退する主な原因は5a還元酵素にあるんですが、このメカニズムについて少しお話しておきましょう。

5a還元酵素は男性ホルモンのテストステロンというホルモンと結合すると、DHTという活性型のホルモンに変わります。

そしてDHTには大変嫌な特徴があって、髪の毛の成長を阻む作用があるんですね。

DHTが頭内にあるかぎり、髪の毛は自由に元気なヘアサイクルが営めなくなってしまい、その結果、徐々に髪がミニチュア化して、最終的には目でも確認するのが難しいくらい小さくなってしまうわけです。

AGAになった髪の毛の成り立ち

ですが、プロペシアのお薬を飲むと形成を逆転することが可能となります。

5a還元酵素をやっつけてくれるため、DHTの存在が体内からなくなっていくのです。

そうすると、徐々にまた髪の毛は自由に成長できるようになるため、細毛化していた髪は黒々と太く生え、前髪が頼もしくなっていきます。

プロペシアで髪の毛が治る

ですので、前髪を生やすための第一ステップはプロペシアを服用することです。

ただ、それだけですと、爆発的な発毛までは行かないかもしれません。

そこで第二ステップとなるわけですが、ミノキシジルという発毛剤の出番です。

ミノキシジルにはプロペシアのような5a還元酵素を抑制する効果はありませんが、髪の毛の毛母細胞を直接刺激して発毛を促す効果があります。

ミノキシジルの効果作用

ですので、プロペシアで抜け毛の原因をシャットアウトして、それからミノキシジルで発毛のアクセルを全開にする。

ここまですると、ほぼ間違いなく前髪が増えることを実感できるでしょう。

自毛を使った植毛

内服薬の場合、効果には個人差が出るため、ツルツルになってしまってから長期間経過した箇所などには髪の毛が完全に戻ってこない可能性もあります。

しかし、そのような箇所にも植毛であれば朝飯前に生やすことができます。

どうしてそう言えるかと言いますと、植毛は内科的手法ではなく、外科的手法だからです。

つまり、専用の針で極小さな穴を開け、そこに毛根の付いた髪の毛のユニット(毛包と言います)を植え付けることで、95%以上の発毛率で髪の毛を生やすことができるんですね。

植毛手術

髪の毛の元となる毛包を傷つけずに皮膚の中に埋め込むとどこの部位でも生えることが証明されています。

初めて聞く人にとっては現実味を感じにくいことかもしれませんが、すでに何百万人という人が世界中でこの医療技術を利用しており、この記事を書いている私自身も3回ほどお世話になったことがあります。

いずれの場合でもちゃんと生えてきましたし、植毛の良いところは一度生えたら生涯死ぬまで剥げないことです。

なぜなら植毛で植え付ける髪の毛は前述したDHTの悪影響を受けない毛を優先して植え付けているので、頭皮に定着した後は、薬を使わずとも生え続けることができるんですね。

まさに夢のような話に聞こえるかもしれませんが、すべて本当の事実です。

しかし、植毛した箇所以外の前髪部位などはDHTの影響を受ける可能性がありますので、仮に植毛で完璧な生え際をした後でも内服薬を飲み続けないと後退していく可能性がありますので、内服薬+植毛の両方を採用することで完璧な生え際後退対策を極めることができるようになるでしょう。

もちろん医療ですので、他の医療と同じく薬剤の副作用リスクや植毛費用の面でも検討する必要がありますが、一度カウンセリングで無料相談すれば、あなたのケースでは具体的にどのような問題があるのかわかりやすく説明を聞けますので、積極的にカウンセリングを利用していくようにご提案いたします。

今は薄毛を完全に克服できる時代に突入していると言っても過言ではありません。

一歩踏み出すだけで世界は変わりますので、ぜひ前向きに頑張っていただければ幸いです。